大阪・福島区の女性特有のお悩みから貴女を守る自然療法専門サロン Fleur フルール

●営業時間/10:00~20:00 ●定休日/不定休
09036255788
ブログ

気をつけたいもの。チャイニーズシンドローム。 2018/09/17

おはようございます✨

北京におります✨
なんて、冗談ですが(^_^;)  
久々に家族で
中華料理を
いただきました。
楽しくて✨
美味しかったですが、、
 頭にガツンとくる
不自然なものを感じました。
気をつけましょう。
チャイニーズシンドローム。。
1968年に化学調味料を含む
うま味調味料を
沢山使いすぎた中華料理を
食べすぎた人が偏頭痛や吐き気、
痺れ、動機などを訴えたというもの。
Chinese restaurant syndrome として権威ある医学雑誌であるLancetに掲載されました
レジデントノートより抜粋


中華に限ってではありません。
味の濃いもの、
あまりにも美味しい
旨味調味料。。
 美味しい!と一口目で
ガツンと味覚のくるもの。
脳神経に直接くるような
旨味は特に要注意です。
うま味調味料、
化学調味料は
視床下部に直接働きかけます。
頭痛やめまい、
そんな症状がでやすくなります。
日々そんなものをつかっていると、、
もしかしたらわかりにくく
なっているかもしれません。
そんなの気のせい。
では、
まずはそれらを手放して
無い暮らしをしてみてください。
久しぶりにそういったものを
食べたときにその意味はやっと分かります。
今でもとても元気な106歳の祖母の
姉もかなり
長生きしてくれましたが

『あれは美味しすぎる。
食べてはいけないもの。』
話していた意味がよくわかります。
和食の料理人だった叔父も
『料理は一口目は
薄く感じても
頂くごとに
その美味しさを味わい、
楽しむもの。』
話していたのを思い出します。
そのものをいただく
ありがたさ、
美味しさを、
大切にすると
そう多くは必要ではないことが
分かります。
赤薔薇fleur フルール
大阪市北区大淀南1-9-6
ラ・パサージュ
ホームページ
お問い合わせはこちら
電話090-3625-5788