大阪・福島区の女性特有のお悩みから貴女を守る自然療法専門サロン Fleur フルール

●営業時間/10:00~20:00 ●定休日/不定休
09036255788
ブログ

意外ときちんと知られていない腸と免疫のおはなし。 2018/01/08

腸は最大の免疫器官といわれています。

 

腸には免疫細胞の約6割が集中!

(出典:サントリー健康情報より)

太らない体質にする専門家
石井悠子でございます赤薔薇

この時期はお正月あけもあって
胃腸がお疲れの方が
とても多いですね。。  

身体も消化にエネルギーがとられて
少しお疲れ気味の状態。

リンパは全身に張り巡らされていますが
実は
腸に一番多く存在しています。

リンパの流れとリンパ節

(出典:心と体の健康相談室より)

 

腸に免疫細胞の60%は存在しているといわれています。
それだけ、腸が重要な臓器だという
証拠でもありますが、

じゃあ腸に沢山あるリンパは何をしているの?

ということですが

①腸から、栄養素をもらって
全身の細胞にその栄養素を届ける

ということと

②外界からの細菌やウィルスと
戦う免疫機能を担う。

ということをしてくれています。    

この大きな2つの役割を
リンパは絶えず行っているのです。

食物を食べるということは
外界からの異物を体内に取り込む
ということ。

そのときに同じく望ましくないものを 
取り入れているのです。

そこで免疫機能が一生懸命働くのです。

ですから、腸が最大の免疫器官といわれる所以なのです。

 

 

 

腸を大切にしましょう。

といわれるのもこのためです。

 

 

日常から腸を労わることをしてあげることが

とても大切です。

 

 

腸を労わってあげるためには

食べ物としては

 

 

●小麦を含む食べ物はご褒美くらいに

とどめるということ。
(腸は栄養素をより効率的に吸収するためにも

壁はひだのようになっています。

そこに小麦が張り付いてしまうのです。

もしくは、腸の壁を壊してしまい、

アレルギーの原因となる場合があります)

関連画像

(出典:パンにも知性が在る?より)

 

 

●お味噌やお醤油、甘酒やぬかずけなど、発酵食品を頂く。

(腸内環境を善玉菌が整えてくれるためのエサとなります)

善玉菌が元気になれば腸内も整いやすくなります。

 

 

●動物性食品もとても大切ですが食べ過ぎに注意すること。

(動物性食品はとても重要ですが食べ過ぎると

悪玉菌を増やしてしまう可能性もあります。

同時に生野菜を頂くことを工夫してください。

牛肉よりも小魚を丸ごと頂くことや質の良い卵などの

動物性たんぱく質の摂取が好ましいです)

 

 

 

●甘いものはなるだけ控える。

甘いものは腸内の悪玉菌は大好きです。

甘いものがどうしても食べたくなったら朝に糖度の低い

リンゴやグレープフルーツを頂くことや甘酒を頂くなど

工夫してみましょう。

 

 

 

●海藻類を積極的に頂く。

西洋の方は海藻類を食べない方が多いそうですが

日本人は古来より海藻類を積極的に摂ってきました。

海藻類はデトックス効果にとても優れています。

積極的に毎日少しづつでも摂りたいものです。

(味付け海苔などは砂糖やアミノ酸などの添加物が多いものは

避けてください)

 

関連画像

 

(出典:三陸水産オンラインショッピングより)

 

 

しっかり腸を整えることは免疫も整うということです。

体調を整えるにはまず腸から!そして

毎日の暮らしから!です^^

 

 

 

 

fleur

フルール
大阪市北区大淀南1丁目9-6

ラ・パサージュ202

 

TeL090-3625-5788

不定休

営業時間10時~20時