大阪・福島区の女性特有のお悩みから貴女を守る自然療法専門サロン Fleur フルール

●営業時間/10:00~20:00 ●定休日/不定休
09036255788
ブログ

リンパはどうやって流すの?? 2017/10/08

こんにちは。

女性はお花のように美しく

貴女に『還る』

年齢を『最高に美しく重ねるエステを』

フルールの石井悠子でございます赤薔薇

 

本日は良いお天気で

朝から気持ちが良いですね。

 

また本日もお写真のアップです^^

 

 

店内のお写真を素敵に撮っていただきました。

 

 

先日は始めてご来店の素敵なお客様に

『オーベルジュのようなサロンですね。』

 

 

とお話いただきました。

嬉しいです♪

 

本日は先日からの続き、、、

『リンパはどうやって流すの??』

ということですが

 

 

 

リンパマッサージは痛い、

リンパはゴリゴリしてつまりをとる

というイメージをもたれておられる方は

多いのではないでしょうか??

 

 

ですが、リンパはとっても繊細なもの。

ぐりぐりしたりゴリゴリ押したりすると

すぐに潰れてしまいます。

 

 

潰れるとリンパ液が染み出してしまうので

それがまたむくみに繋がったりするのです。

 

 

ですから、リンパは

『優しく、優しく、丁寧に、

愛情をもって』

優しく

さするように

流すのです。

 

 

私たちの体には血管と同じように

リンパ管が流れています。

イメージして頂きたいのは

ホースが沢山体中に走っているようなもの。

そのホースの中が詰まっていたら、、どうでしょうか??

流れなくなりますね。

 

 

ですから、まずはそのつまりを

開く作業が必要となってきます。

開いて詰まりをとって、流れやすくして

丁寧に流すのです。

 

ただ単にグイグイ流したりするのは

実はとっても危険なんです。

 

まずは自律神経に働きかけるように

『これから施術に入りますね~』という

合図をお送りします。

 

そうすると自律神経は

あ、そうなのね、これからマッサージなのね。

と認識してくれます。

 

そして、ゆっくりと緊張の神経から

リラックスの神経へと傾くのです。

 

弛緩した体はとても流れやすく、

施術の効果も高くなります。

 

その時に、ゆっくりと浅いところから深いところへと

リンパを流すのです。

体表に近いリンパは

自分で流れることは出来ませんが

深部のリンパになると

それは自分でしっかりと流れるようになります。

なので、深部へと流し込むような

マッサージが必要となるのです。

 

 

次回はリンパはどこに流すの??

ということをお話したいと思います。

 

 

どうぞお楽しみに^^

 

 

本日は連休の中日ですね。

素敵なお休みをお過ごしくださいませ。

 

 

20日はヘップバーンのような小顔になるお茶会でございます。

お申し込みは此方から

↓↓↓↓↓↓

☆☆☆☆☆

 

 

 

fleur

フルール

 

大阪市北区大淀南1丁目9-6

ラ・パサージュ202

 

TeL090-3625-5788

 

不定休

営業時間10時~20時

最終のお受付は16時となります